日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」31日間無料トライアル実施中 »

「シャーロック」2話ネタバレ&感想!ゲストは菅野美穂、弁護士役で圧倒的な美しさ披露!

2019年10月14日に放送された「シャーロック」。

今回は菅野美穂さんが弁護士役で登場しました。

これがまた、前回以上に面白い!!

早速、「シャーロック」第2話ネタバレ&感想!弁護士役の菅野美穂、不敵な笑みが美しい!と題して、「シャーロック」第2話のネタバレと感想をまとめました!

 

[box class=”box33″ title=”Attention!”]この記事では「シャーロック」のネタバレが含まれています。

先に「シャーロック」第2話をみたい方は『FODプレミアム』をクリック!

 

今すぐ「シャーロック」を観る!

 

[/box]

 

目次

ドラマ「シャーロック」第2話のゲスト

ドラマ「シャーロック」では各話ごとにゲストが出演します。

 

第2話のゲスト
菅野美穂:青木藍子 役

⇨ダーリントン法律事務所所長の敏腕弁護士岸井ゆきの:河本美沙 役
⇨ダーリントン法律事務所でアルバイトをしている内村遥:佐々木守 役
⇨亡くなった高橋博美の婚約者

 

ドラマ「シャーロック」第2話のネタバレ

事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。

翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が「女の子の声になるか実験してたのぉ~」と怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮・・・。

そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。

相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。

新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。

だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

 

[tensen]

 

遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。

若宮も無理矢理連れてこられている。

江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが・・・。

 

その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始めた。

 

遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。

 

遺体は、所持品から高橋博美というファーストフード定員の未婚の29歳の女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。

そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。

 

高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。

 

果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とはー?

 

[tensen]

 

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は、若宮を助手扱いして博美の身辺捜査を始める。

婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。

藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。

成り替わりの遺体

戸籍からたどり血液型を照合したところ、高橋博美はAB型だった。

だが、運ばれてきた遺体の血液型はAB型とは違うことが判明

高橋博美に成り替わった人物の部屋を調査すると、「元の高橋博美」についての詳細なプロフィールを記録した手帳が残っていた。

この人物は、高橋博美に成り替わろうと必死だったことが伺えるー。

高橋博美の婚約者

高橋博美の婚約者であった佐々木守の勤める小学校へ向かう獅子雄と若宮。

高橋博美が死んだことを伝えると、「自殺ですか?」と聞いてきた。

若宮が「なぜ自殺だと?」と尋ねると、守は「高橋博美は2年前に不倫していたことを隠していて、裁判までしていたことがわかったからだ・・・!」と答えた。

ダーリントン法律事務所へ

かつて不倫裁判の弁護を務めたという、ダーリントン法律事務所の所長 青木藍子の元を訪ねた獅子雄と若宮。

最後にあったのはいつか尋ねられると、「去年の春くらいだったと思います」と答える藍子。

高橋博美の免許所の写真を見せると、「はい、間違いありません」と即答だった。

そんな藍子に違和感を抱いた獅子雄は、藍子の過去に担当した裁判を調べるよう、江藤へ連絡する。

一方警察では、高橋博美の中学の卒業アルバムを取り寄せるも“0314”がいつ高橋博美に成り替わったのかわからず、捜査は暗礁に乗り上げていた。

弁護士の青木藍子は何を隠しているのか

獅子雄は謎のスケボー少年レオ(ゆうたろう)にも、藍子の尾行を依頼する。

そんな中、美沙が若宮に「聞いていただきたいことがあって・・・」と連絡をする。

翌日、2人きりであった若宮と美沙は、ひとしきりデートを楽しむ。

一息ついたところで、「過去に借金をして債務整理をしてもらった弁護士の藍子先生は、本当にすごく優しい先生だ」と語った。

しかし、「あの写真の女のひとだけどさ・・・」と、言いにくそうに話を切り出す美沙。

 

写真の女性は高橋博美ではないと若宮に告げた。

 

理由を尋ねる若宮に、美沙は「1日時間くれる?自分で確かめたいことがあるから・・・」という。

絶対明日連絡するからと美沙に言われ、2人は別れた。

その頃レオは、藍子のセミナーに潜入していた。

獅子雄の作戦

獅子雄は過去に藍子が弁護を担当した裁判の中から、突如二審で弁護士交代となった裁判があったことに目をつけた。

その当事者である勾留中の男と面会する獅子雄。

面会の帰り際、成り替わりの高橋(=“0314”)の写真をみつめながら、「山下佐和子・・・」とつぶやく。

[tensen]

獅子雄はレオに潜入させていた藍子のセミナーへ現れた。

そして「みんな本当に誰にも喋らない?」と確認した後に、「両親を殺しました」と、身の上話をはじめた。

 

「幸い、いい弁護士についてもらってこうしてここにいる。

けど、妹がいなくなっちゃったんだ、俺のせいでー。」

「さんざんマスコミに追いかけられたからだと思う」

 

ひとしきり話し終わった獅子雄に「先生も何か話してよ」と促され、青木は自身の母を自殺で亡くした辛い過去について語り始めた。

 

その過去の経験から、死を考えざるを得ない状況に追い込まれた方の命を救いたいのだ、と。

 

セミナーのあと、獅子雄は「別人になりたい、戸籍を用意してくれないか」と青木に揺さぶりをかけるも、一蹴されて終わった。

本物の高橋博美はどこへ・・・

江藤の元にやってきた獅子雄は、もう不倫相手のことは調べなくていいと言う。

そして、「(不倫相手の妻に襲われたときに)骨折の手当てをした病院を割り出して、怪我の特徴と身元不明の遺体のデータベースを照合しとけ」と告げる。

高橋博美を殺したのは青木藍子で、遺体の“0314”は誰も殺していないと推理する獅子雄。

身元不明遺体のデータベースの中に、高橋博美のDNAに一致する遺体が、あったー。

死因は頭部の外傷によるものと推測され、凶器は不明だが輪状の鈍器で撲殺されたと話す江藤。

 

ピンとくる獅子雄。ダーリントン法律事務所には汽車の模型があったのだ。

 

美沙が危ないと感じた若宮は、美沙に連絡するが繋がらない。

「彼女に何かあったらどうするんだよ!」とキレる若宮に、獅子雄は「その前に助ければ?」とサラッと返す。

一方、美沙は事務所に向かっていた。事務所には藍子がいる。

美沙は、藍子に写真のこと尋ねる。

亡くなった日、山下佐和子はここへ来たのだと告げたー。

藍子の別の顔

「可哀そうな美沙ちゃん・・・忘れたの?あなたが今生きていられるのは誰のお陰なのか・・・」

獅子雄と若宮が事務所に着くと、怯えた美沙がいた。

 

美沙を連れその場を離れる若宮。

 

残った獅子雄は、再び藍子に「この人が高橋博美さんですか?違うよね、本当のなまえ山下佐和子。あんたが国選弁護士を担当した被告人の妹だ。」と話す。

しかし藍子は「ばかばかしい、証拠でもあるの」と相手にしない。

そこで、高橋博美の遺体から判明した特殊な輪状の形をした鈍器の事を告げる。

追い詰められた藍子は「戸籍を奪うために博美さんを殺したんじゃない」と開き直って話し出す。そして過去を語り出した。

[tensen]

高橋博美は不倫の弁護を藍子に頼んでいた。だが、博美は嘘をついていた。

相手に奥さんがいることを知らなかったのは嘘で、さらに「本当は先生もわかってたんでしょ?」と尋ねられた藍子は戸惑う。

そして、「あたし知ってる。あんた、優しい顔しながら人の不幸を利用して笑いたいだけでしょ。褒められたいだけでしょ。偽善者じゃん。偽物じゃん!」と卑下され、プライドを傷つけられた藍子は博美を殺害してしまったー。

[tensen]

獅子雄は最初が失敗だったと藍子に伝える。

それは、人は危機に瀕した時一番大事なものを見ると言うこと。

獅子雄が初めて藍子の弁護士事務所に訪れて高橋博美の写真を見せ、最後に博美と会ったのはいつですか?と質問した時、藍子は1年半前くらいと曖昧な答えをしながら部屋にある車輪の置物を見ていたのだ。

そして、人に寄り添う弁護士なら、依頼人と最後にあった日を正確に答えるはずだ、と告げた。

 

母親が死のうとしてたことを気づいていたのに、ずっと放置していた。その罪滅ぼしのために、人を救ってきた藍子ー。

「虫けらでも助ければ、少しは私も救われるかと思ったけど・・・虫けらって、人に甘い顔をされたら、最後まで蜜を吸い尽くす害虫になるの。母とか、あの女みたいにね。人は自分で立ち直るしかないのよー。」

藍子は心の奥深くに閉まっていた、自分の「本性」をさらけ出した。

 

そして江藤ら刑事がやってきて藍子は捕まるが、パトカーに乗る間際、獅子雄を見つめ氷の冷笑を浮かべるのだったー。

ドラマ「シャーロック」第2話の感想

ここからは完全に個人的な感想をまとめています。お付き合いいただけると嬉しいです!

今回もお笑いシーンが満載!江藤も乱入しさらにパワーアップ!笑

獅子雄の実験には笑わされました(笑)

江藤の電話に女の子の声で「もしも~し!」と答える獅子雄・・・何コレコント?www。

おディーン様が真顔でやっているのがこれまた面白くて、話の途中でちょこちょこ出てくるので、見逃さず見てほしいポイントです!!

実際にドラマ「シャーロック」第2話を見た人の反応

 

 

ドラマ「シャーロック」第2話のネタバレ&感想まとめ

今回は、「シャーロック」第2話ネタバレ&感想!弁護士役の菅野美穂、不敵な笑みが美しい!と題し、2019年10月14日放送の「シャーロック」第2話のネタバレ&感想、ゲストについてまとめました。

SNS上でも高評価のシャーロック。今後の展開も見逃せません!

 

\【クリック!】「シャーロック」を観るにはコチラ/
[center]

FODで今すぐドラマ「シャーロック」を観る!

Amazon Payで1か月の無料おためし

[/center]

 

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる