日本最大級の動画配信サービス「U-NEXT」31日間無料トライアル実施中 »

【シロクロ】見逃し配信&無料動画でフル視聴する方法|清野菜名・横浜流星・要潤【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。1話2話3話・再放送・公式動画・全話無料・白黒パンダ】

こんにちは、ぽし子(@tobeposico)です。

1月12日よる10時30分から放送されている、読売テレビ・日本テレビ系の日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

のアイコン画像
アメコミのような痛快さと、先の読めない謎が加速する、新時代のシニカルミステリーです!

この記事では、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の動画を、全話無料視聴する方法をご紹介します。

放送時見逃した方も、もう一度観たい方も必見です♪

 

目次

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の動画を無料視聴する方法

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 白黒パンダ 動画 見逃し 無料 hulu

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を無料でみたい方は、Hulu2週間無料トライアルがオススメです♪

今なら『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話〜第3話のを何度でも楽しむことができます!

のアイコン画像

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』を視聴できるVODサービスは、
Huluだけなんです♪

 

\コチラから体験できます!/
Hulu公式サイトはコチラ

さらに今期のドラマ、知らなくていいコト』『トップナイフ』『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』も全話見放題!

他にも俺の話は長い』『ニッポンノワール』『あなたの番ですなどの話題作も、全話見放題になっています。

 

**Huluの特徴**

  • 月額1,026円(税込)で人気ドラマ・アニメなど60,000本の作品が見放題!
  • HD画質の映像で、自宅でも出先でも、好きなだけ映画やドラマを
    楽しめる!

 

ただ、そうは言っても、

のアイコン画像
いいのはわかるんだけど、動画配信サービスってお金もかかるし、登録も面倒だし、手を出しにくい…

そう感じますよね。

 


ご安心を!

初回は2週間無料トライアルがあるので、
1円もかからずに完全に無料で視聴することも可能なんですよ。

 

しかも、
無料期間内に解約すれば、月額料金は発生しません!

 

のアイコン画像
やってみたら登録もサクッと行えたし、
解約も簡単そう&解約金がかからない
のも嬉しいポイントでした★

 

無料で『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』過去の人気&名作ドラマを楽しみたい方は、
Huluの2週間無料トライアルをお試しくださいね♪

 

CHECK NOW

無料で『シロクロ』を見る

Huluの公式サイトはこちら

 

Hulu配信動画の一例


・シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(出演:清野菜名・横浜流星)
・知らなくていいコト(出演:吉高由里子)
・ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~(出演:山本 美月・トリンドル玲奈)
・トップナイフ(出演:天海祐希)
・あなたの番です(出演:原田知世・田中圭)
・東京タラレバ娘(出演:吉高由里子)
・同期のサクラ(出演:高畑充希・新田真剣佑)
・ニッポンノワール(出演:賀来賢人・広末涼子)
・俺の話は長い(主演:生田斗真)
CHEAT チート(主演:本田翼)
・絶対に笑ってはいけない(出演:ダウンタウン・月亭方正・ココリコ)
・ブラック校則(主演:佐藤勝利・高橋海人)
・過保護のカホコ(出演:高畑充希・竹内涼真)
・探偵が早すぎる(出演:滝藤賢一・広瀬アリス・水野美紀)
・カイジ 人生逆転ゲーム(主演:藤原竜也)
・カイジ2 人生奪回ゲーム(主演:藤原竜也)
・結婚できない男(主演:阿部寛)
・時効警察(出演:オダギリジョー・麻生久美子)
・帰ってきた時効警察(出演:オダギリジョー・麻生久美子)
・偽装不倫(出演:杏・宮沢氷魚・瀬戸利樹)
・ボイス 110緊急指令室(主演:唐沢寿明)
・3年A(出演:菅田将暉・永野芽郁)
・獣になれない私たち(出演:新垣結衣・松田龍平)
・おっさんずラブ(出演:田中圭・吉田鋼太郎)
・高嶺の花(出演:石原さとみ・峯田和伸)
・カメラを止めるな!(主演:濱津隆之)
・鬼滅の刃(出演:花江夏樹・下野紘・松岡禎丞)
・かぐや様は告らせたい(主演:古賀葵)
・進撃の巨人(出演:梶裕貴・神谷浩史)
・僕のヒーローアカデミア(出演:山下大輝・岡本信彦・梶裕貴)

(※最新の配信状況はHulu公式サイトをご確認ください。)

のアイコン画像
HuluはPCでもスマホでも観たい時にサッと観れるので、通勤や待ち時間に重宝しています。

操作もわかりやすく高画質だし、
TVerのようなCMが流れないので、ストレスなく観れるのもいいんです♪

 

\クリック/


 

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』登場人物・キャスト・相関図

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 白黒パンダ 相関図

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

川田 レン:清野菜名

囲碁棋士。かつては天才美人棋士と呼ばれたが、ある事件を機にネガティブな性格になり、成績が伸び悩んでいる。囲碁喫茶・GOBANでアルバイトをしている。
裏では、白髪ウィッグに黒いアイマスクを着用して「ミスパンダ」と名乗り、思いも寄らない行動力と誰もが驚愕する身体能力で「クロ」と認定された者を断罪する。「ミスパンダ」として行動する時は、ネガティブな「川田レン」とは対照的にテンションが高く、笑みを浮かべることが多い。
幼い頃は、母・麻衣子や姉妹のリコと3人で暮らしていたが、10年前に放火事件に巻き込まれた際にリコが亡くなり、レンは「自分が生き延びた代わりにリコが死んでしまった」と罪悪感を抱いている。レンはこの事件でPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、ライターの火や消防車のサイレンに過敏に反応してしまうようになった。

森島 直輝:横浜流星

本作のもう一人の主人公。
精神医学を学んでいる大学生。テレビ番組では「メンタリストN」と名乗って出演している。
裏では「Mr.ノーコンプライアンス」の指示により、「ミスパンダ」ことレンを操る「飼育員さん」として、世の中に蔓延る“グレーゾーン”を取り締まる行動を行っている。
8年前に失踪した父・哲也が遺体で発見されたことを受けて、真相を突き止めて復讐するという野望を持つ。

門田 明宏:山崎樹範

大学病院に勤務する精神科医。直輝が所属するゼミの教官でもある。
レンが遭遇した10年前の事件をきっかけに、レンの治療を行っている。

東山 楓:吉田美月喜

天才美少女囲碁少女(自称)。
「ミスパンダ」の存在に憧れを抱いている。レンを一方的にライバル視しており、彼女と顔を合わせる度に勝負を挑もうとするが拒否されている。

小園 武史:中田圭祐

直輝のゼミ仲間。

前川 雪乃:祷キララ

直輝のゼミ仲間。
お調子者の小園を嫌っている。

川田 麻衣子:山口紗弥加

レンの母親。レンのことを溺愛している。
レンとともに遭遇した10年前の放火事件により、現在も療養施設で治療を受けている。

Mr.ノーコンプライアンス:佐藤二朗

法務大臣。
裏では、直輝の能力を評価して、世に蔓延る“グレーゾーン”を取り締まるように指示を出す謎の人物。
行き過ぎるとも思えるその行動には、かつて彼が起こしたある決断が関係している。

森島哲也〈享年38〉:田中圭

直輝の父。
様々な事件を解決してきた敏腕刑事だったが、8年前、ある事件を追っている最中に失踪し、白骨化遺体として発見された。
失踪する前に、直輝に渡したパンダの縫いぐるみの右目にはUSBメモリが隠されており、8年前の「コアラ男誘拐事件」に関する動画が記録されていた。

神代 一樹:要潤

全日テレビに出入りしているフリーの敏腕ディレクター。

佐島 あずさ:白石聖

佐島源造の娘で、森島直輝の恋人。全日テレビ記者。
8年前に、コアラの仮面を被った男に誘拐されていた。

伊藤 健人:坂東龍汰

全日テレビ・夕方のニュース情報番組『情報ワイド・イブニングVIEW』のアシスタント・ディレクター。
あずさより2年先輩で神代にこき使われながらも、ディレクターを目指し奮闘している。

田中 三太:永山たかし

全日テレビ・夕方のニュース情報番組『情報ワイド・イブニングVIEW』のプロデューサー。
上司の飯田にも、部下の神代やあずさにも、番組の出演者にも、全方向にいい顔をする風見鶏。

飯田 兼一:福田転球

全日テレビ・夕方のニュース情報番組『情報ワイド・イブニングVIEW』のチーフプロデューサー。
若かりし頃は現場主義の報道マンであったが、現在は社内での出世のため、超保守的な組織人として働いている。

加賀 春男:升毅

レンがアルバイトをしている囲碁喫茶の店主。
かつてはプロの囲碁棋士で、才能あふれるレンにすべての技術を継承した師匠。
近所に住むレンを幼い頃から可愛がる親代わりの存在で、レンの過去の秘密を知る数少ない人物。

加賀 佳恵:椿鬼奴

囲碁喫茶「GOBAN」のママ。

菊池 勘平:水澤紳吾

囲碁喫茶の常連客。会社員。外回りとウソをついては囲碁喫茶で暇を潰している。

中島 きよし:松浦祐也

囲碁喫茶の常連客。近所で電気店を営んでいるが、妻に店番を任せては囲碁喫茶にやってくる。

小林 孝雄:スチール哲平

囲碁喫茶の常連客。囲碁喫茶に居場所を見出して入り浸る、オタク風の青年。

並木 しげる:浅見小四郎

囲碁喫茶の常連客。リタイア後の趣味として囲碁を楽しんでいる。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』概要

闇に隠された真実を、忖度なく暴け!

巷に溢れる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度…。
週刊誌やネットで事件の噂や憶測が飛び交っても、結局、真相はグレーなまま闇に消えていくことも多い。

そんな目に見えない壁に阻まれた事件に大胆不敵に切り込んで、隠された真相を容赦なく暴いてくれるヒーロー&ヒロインがいてくれたら…!

この物語は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操るメンタリスト・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける! 警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く最凶バディが誕生する!

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』全話あらすじまとめ

[ 第1話 ]令和の最凶バディ誕生! 忖度や圧力にあふれるグレーな現代… (1月12日 放送分)

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれるほどだったが、23歳になった今はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。彼女はアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを目にする。上坂を吊るした犯人は“ミスパンダ”の可能性が高かった。ミスパンダとは、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめて世間を騒がせる謎の人物。上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていた。神出鬼没で自由奔放なミスパンダ。レンは、自分にはミスパンダのように生きることはできないと思うのだった。

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンはときめきを感じていた。
直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演する。彼は、出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露する。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜が飛び降り自殺した話を聞く。愛菜は自殺直前、顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた。衝撃的な愛菜の死に、ネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まる。
一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝からレンのもとに、“これからパンケーキ食べに行かない?”とのメールが届く。レンは、パンケーキ店で直輝と会う。直輝がパンケーキにシロップをかける。流れ落ちるシロップを見ているうち、レンの意識は遠のく……。

その夜、ビルの屋上で「グオオォォーー!」と吠えるミスパンダが出現。彼女を操る飼育員さんとなった直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げる。
ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れる。騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていく――!

愛菜の葬儀でミスパンダは、愛菜の自殺の真相を探る動画を流す。愛菜が顔から包帯を取る姿が映し出される。整形で美しくなった愛菜(山口真帆)は、新たな人生を生きようとしていた。

直輝は、IT企業社長の江本(和田正人)が愛菜の死に関わっていることを暴き、口を封じようと襲い掛かる江本を倒す。
江本は手術台に拘束され、ミスパンダが“シロクロ摘出手術”を行うと宣言。ミスパンダは、愛菜が江本のパワハラとセクハラを告発する動画を流す。

江本は、愛菜を愛していたと告白。愛菜へのパワハラとセクハラは、江本のゆがんだ愛ゆえの行動だった。整形後、愛菜は江本の部下・山崎とともに、告発動画をネットにアップすると江本に迫った。愛菜の顔が変わったことに逆上した江本は彼女を殴り、もみ合ううちに愛菜はビルの窓から転落してしまった。江本は自殺に見せかけるため、愛菜が撮影した動画の一部だけをネットにアップするようにと山崎に命じたのだった。ミスパンダと江本のやりとりは生中継され、世間に知られることとなった。

愛菜の死の真相が明らかになり、直輝はMr.ノーコンプライアンスから褒められる。Mr.ノーコンプライアンスの正体は、現役の法務大臣・佐島源造だった。直輝はパンダのぬいぐるみを抱きしめ、亡き父・哲也(田中圭)のことを思い出す。一方、レンは病院へ見舞いに行く。そこには、レンの母・麻衣子(山口沙弥加)が入院していた…。

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

[ 第2話 ]カネとコネまみれの大学入試(1月19日 放送分)

レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇。男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。
事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。

神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。“あの告発”とは、世間で話題になっている不正入試疑惑のことだった。東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。
レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。そして、ミスパンダが出現。直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。
そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。そこにミスパンダが駆け付け…。

愛菜の葬儀でミスパンダは、愛菜の自殺の真相を探る動画を流す。愛菜が顔から包帯を取る姿が映し出される。整形で美しくなった愛菜(山口真帆)は、新たな人生を生きようとしていた。

直輝は、IT企業社長の江本(和田正人)が愛菜の死に関わっていることを暴き、口を封じようと襲い掛かる江本を倒す。
江本は手術台に拘束され、ミスパンダが“シロクロ摘出手術”を行うと宣言。ミスパンダは、愛菜が江本のパワハラとセクハラを告発する動画を流す。

江本は、愛菜を愛していたと告白。愛菜へのパワハラとセクハラは、江本のゆがんだ愛ゆえの行動だった。整形後、愛菜は江本の部下・山崎とともに、告発動画をネットにアップすると江本に迫った。愛菜の顔が変わったことに逆上した江本は彼女を殴り、もみ合ううちに愛菜はビルの窓から転落してしまった。江本は自殺に見せかけるため、愛菜が撮影した動画の一部だけをネットにアップするようにと山崎に命じたのだった。ミスパンダと江本のやりとりは生中継され、世間に知られることとなった。

愛菜の死の真相が明らかになり、直輝はMr.ノーコンプライアンスから褒められる。Mr.ノーコンプライアンスの正体は、現役の法務大臣・佐島源造だった。直輝はパンダのぬいぐるみを抱きしめ、亡き父・哲也(田中圭)のことを思い出す。一方、レンは病院へ見舞いに行く。そこには、レンの母・麻衣子(山口沙弥加)が入院していた…。

不正入学疑惑で無実を証明したい俊一(中尾暢樹)は、神代の取材を受ける。しかし神代は、俊一に不利になる編集でインタビューを放送。追い詰められた俊一は、病院で昏睡状態の岸本(阿南健治)の首を締める――。

池渕(モロ師岡)と柳本(渡辺裕之)は、岸本が死んだという知らせを受けてほくそ笑む。俊一の入試の成績を捏造して不正入学疑惑を広めたのは、学長の座を狙う池渕と、池渕と組んで不正入学のパイプを作りたい柳本の策略だった。

池渕は記者会見を開き、不正入学が事実だったと発表。すべての罪を岸本にかぶせようとする。その時、ミスパンダの映像が流れ、ある合コンの模様が中継される。そこには直輝と柳本の娘・美樹が参加していた。美樹は、自分の父が偉い人の娘や息子をどんな大学にも入れられる権力を持っていると自慢を始める。

すべての悪事が明らかになり、内輪もめを始める池渕と柳本。そんな2人の前に、ミスパンダが岸本と俊一を連れてくる。岸本は、生きていた。俊一は父の首を締めようとしたところをミスパンダに止められ、彼女に協力したのだった。この一部始終は報道陣の知るところとなる。

春男(升毅)は門田(山崎樹範)に、レンが10年前の記憶に怯えていることを伝える。その原因として「何か別の力が加わっているのかも」と言う門田。

麻衣子(山口紗弥加)の病室には、レン(清野菜名)の部屋にあるのと同じ写真が飾られていた。「リコが死んでくれてよかった」とつぶやく麻衣子。見舞いに来たレンは、自分だけが母親にかわいがられ、姉のリコが檻の中に入れられている光景を思い出す――。

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

[ 第3話 ]スポーツ代表選考に潜む殺意(1月26日 放送分)

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。

そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。

そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。

会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。
沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。その時、ミスパンダが現れる。ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。

レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。
レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。

 

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

[ 第4話 ]あらすじ(2月2日 放送分)

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。レンは、直輝に好きになってもらえるような自分になるため、日本一の囲碁棋士になると決意。彼女は春男(升毅)に、改めて指導してほしいと頼む。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもった。涼介は縛られた上に鉄アレイを括り付けられた姿で飛び込み台に座らされる。
涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求。ミスパンダが来なければ涼介をプールに沈めると脅迫する。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。会見後、学校側からマスコミに向けて取材自粛要請が出される。あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

時間が刻々と過ぎ、状況は緊迫する。涼介が助けを求めて声を上げると、翔太はいら立って今にも彼をプールに沈めようとする。その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送る。
直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)に、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝える。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダの召喚を許可しない。一方、レンは門田から、直輝とは関わらないようにと忠告される。
ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫り…。

(引用:『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト)

 

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』主題歌情報

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』主題歌はBillie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の「bad guy」

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)とは…

2001年12月18日生まれの17歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。
13歳のときにレコーディングした「Ocean Eyes」をSoundCloudにアップロードしたところ、まだ13歳とは思えない表現力の高さが話題を呼び1400万再生(2019年3月時点)を記録。同楽曲でDarkroom/Interscope Recordsよりデビュー。

2019年3月29日に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO』は英米を含め全世界17ヵ国で1位を獲得。
同アルバムは、現在まで世界中で合計250億回以上ストリームされており、2019年に最も売れたデビュー・アルバム、北米では10年で最大のデビュー作品(男性、女性、またはグループ)を記録。

12月に発表された米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位を獲得した。
主題歌に選ばれた「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位を獲得しており、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の快挙となった。
この楽曲のストリーミング数は全世界で35億回以上を記録している。

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』公式サイト&SNS

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の公式サイト&SNS情報です。

公式サイト https://www.ytv.co.jp/shirokuro/index.html
Twitter 公式アカウント https://twitter.com/shirokuro_drama
Instagram 公式アカウント https://twitter.com/shirokuro_drama
LINE 公式アカウント https://line.me/R/ti/p/%40175coxqy

 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』見逃し配信&無料動画でフル視聴する方法まとめ

のアイコン画像
名作ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』をもう一度楽しみたい方は、ぜひHulu2週間無料トライアル、利用してみてくださいね♪

 

\クリック/


 

本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluにてご確認ください。

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる